炎症後色素沈着とは?原因と治療法

炎症後色素沈着

炎症性色素沈着とは、ニキビの跡、虫さされ、傷痕などが引き金になってシミになってしまう現象です。

また、打ち身などの外傷や床擦れなどの摩擦によって黒ずんでしまったシミに関しても炎症性色素沈着に該当します。

炎症性色素沈着によって現れたシミは時間の経過によって薄くなっていく場合もあるのですが、他のシミと区別するのは難しいと思いますので、今回の記事では炎症後色素沈着の主な原因、予防方法、改善方法に加え、シミ消しクリームなどに含まれる有効成分についての情報を記載していきたいと思います。

\ハイドロキノン誘導体配合クリーム/
SimiTRY

炎症後色素沈着の原因

ニキビによるシミ
シミの一種である炎症後色素沈着には、大きく分けて2つの原因があります。
それらの原因について個別にお伝えしていきます。

ニキビ・虫さされ・傷・火傷などによる炎症

炎症後色素沈着の原因はニキビなどの肌トラブルに加え、虫さされ、傷、火傷など外傷による炎症が引き金になってしまう場合があります。

これらの炎症をしっかりとケアしないとシミになって残ってしまう場合があり、このようにケースでできたシミが炎症後色素沈着となります。

スキンケアによる炎症

炎症後色素沈着のもう一つの原因は、毎日のように行うスキンケアが原因となっている場合があります。

この要因として挙げられるのは、洗顔などの肌への摩擦、刺激の強い化粧品の使用、毛抜きの使用、ピーリングなどのスキンケアが継続的に行われると目には見えないようなダメージが長期間に及ぶとシミになってしまう場合があります。

炎症後色素沈着の予防方法

紫外線対策
炎症後色素沈着によるシミができてしまう場合は何らかの原因があり、シミの発生を未然に防ぎたい気持ちは多くの方が持っていると思います。
それを踏まえ、ここでは炎症後色素沈着を予防する方法をお伝えしていきます。

ターンオーバーの正常化

炎症後色素沈着を薄くするためには、メラニン色素を外に排出する必要があります。

そのためには、肌のターンオーバーが正常に行われていることが重要になっていますので、生活習慣の乱れやストレスを溜めないように心掛け、ターンオーバーが正常に行われるようにすることが炎症後色素沈着に対しての対策法の一つです。

肌に負担をかけない

炎症後色素沈着の原因でもお伝えしたように、洗顔での摩擦や刺激の強い化粧品などがシミとなってしまう可能性がありますので、間違った洗顔のやり方や肌に悪影響を及ぼす化粧品などを見直し、日頃のスキンケアで肌に負担をかけないようにすることが炎症後色素沈着の予防に繋がります。

これは肌のターンオーバーにも関わってきますので、生活習慣の改善と共に見直すべき大切なポイントになっています。

紫外線に注意する

炎症後色素沈着は、炎症部分に紫外線を浴びてしまうほど色が濃くなって目立ちやすくなってしまいますので、もし炎症後色素沈着になってしまったら紫外線対策をしっかりと行うようにするのが大切です。

また、炎症後色素沈着になる前の炎症状態でも色味が濃くなってしまう可能性がありますので、紫外線対策は徹底して行うことをおすすめします。

炎症後色素沈着の治療法や改善方法

炎症色素沈着の改善法
炎症後色素沈着によるシミができてしまった場合、何らかの対策をする必要があると思いますので、炎症後色素沈着による効果的な改善方法や治療法をお伝えしていきます。

レーザートレーニング

レーザートレーニングとは、出力の弱いレーザーをシミになっている部分に何度も照射し、肌の内側にあるメラニンを少しずつ排出していく治療法です。またレーザートレーニングには、シワ、くすみ、毛穴開きなど総合的美容効果が期待できます。

さらに、レーザートレーニングの施術中は痛みがほとんどなく、施術に伴うダウンタイムもありませんので、日常生活の合間に受けても影響を及ぼさないのが特徴の一つです。

シミ取りレーザー

シミ取りレーザーは、黒色メラニンに反応してピンポイントにレーザーが照射し、シミ部分を薄くしていく治療法です。
このシミ取りレーザーでしたら炎症後色素沈着のシミが1回、2回のレーザー照射で綺麗にできる場合もあります。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、グリコール酸やサリチル酸などの酸に作用よって肌の表面に溜まった角質を溶かし、強制的にターンオーバーを促す方法です。

このケミカルピーリングの利点は、広い面積に対応できますので、大きなシミや顔全体のくすみなどに有効なな方法と言えます。

また、ケミカルピーリングはニキビにも効果があますので、ニキビ対策と炎症後色素沈着対策が同時にできる治療法となっています。

シミ消しクリームなどの美容成分が配合された製品の使用

様々な分野の技術が発展している現在では、優れた美容化粧品が数多く開発されており、シミ対策に有効なシミ消しクリームなども様々なメーカーから発売されています。

そのシミ消しクリームとして販売されている製品には、シミに効果的な有効成分や肌の調子を整える有効成分などが配合されていますので、シミ消しクリームなどの製品は炎症後色素沈着によるシミの改善をサポートしてくれる心強い味方だと思います。

おすすめシミ取りクリーム

シミトリーの特徴

商品名 シミトリー
メーカー 株式会社フォーマルクライン
公式URL https://ecwa.jp/
通常価格 4,980円+税
定期価格 初回3,685円+税 2回目以降3,981円+税

シミ消しクリームなどの製品に配合されている有効成分と効果

シミ消しクリームなどの美容製品は数多くあるので商品選びも迷ってしまいますし、どの成分がシミに対して効果を発揮しているのかが分からない方も少なくないと思いますので、シミの改善に効果が期待できる主な有効成分をお伝えしていきたいと思います。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と呼ばれるほどの高い美白効果が期待できる成分となっています。

このハイドロキノンによる効果は、シミの原因であるメラニン色素の生成を防ぎ、さらにメラニン色素を生成する細胞自体を減らしてくれる効果があります。

アルブチン

アスタリフト ホワイト クリームは、厚生労働省で美白効果が認められた有効成分のアルブチンが配合されています。

その効果は、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ働きがありますので、シミの発生を予防する効果がある成分となっています。

グリコール酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは、ターンオーバーを促進してシミ対策や保湿効果を高めてくれる成分となっています。

また、肌荒れやアレルギー反応を抑える効果があり、敏感肌でも安心して肌を健康な状態に改善してくれる成分となっています。

ツボクサエキス

ツボクサエキスは、セリ科の植物であるツボクサの派から抽出したエキスとなっています。

ツボクサは薬用の植物として昔から使用されていて、火傷や傷などの治療に使われるほどの皮膚の修復力がある植物です。

その効果は美容にも応用され、ダメージを受けた毛穴を修復、抗酸化作用、コラーゲンの生成を促進、血行促進作用、ターンオーバーの促進、抗菌作用、鎮静作用、炎症の抑制効果など、様々な美容効果が期待できる優れた有効成分となっています。

シミ対策に有効な成分はまだまだありますが、シミやくすみに効果的な成分が配合されているシミ消しクリームなどを賢く選び、日頃のスキンケアから炎症後色素沈着の予防や対策をして頂きたいと思います。

アスタキサチン

アスタキサチンはサイズが小さいので肌のすみずみまで美容成分を届けることができ、さらに高いハリアップ効果に加えて活性酸素を除去する働きがありますので、アスタキサチンにはシミの予防や美白対策の効果があります。

炎症後色素沈着についてのまとめ

炎症後色素沈着に関する情報をお伝えしてきましたが、炎症後色素沈着によるシミ対策は日頃の生活から注意するべき症状だと思いますし、炎症後色素沈着によるシミができてしまった時の改善方法も人それぞれで違ってくると思いますので、この記事が少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

\ハイドロキノン誘導体配合ククリーム/
SimiTRY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です