肝斑とは?肝斑はシミじゃないの?原因と治療法とは?

肝斑の原因とは

あなたは肝斑(かんぱん)という言葉は聞いたことがありますか?

肝斑 (かんぱん、Chloasma)とは、皮膚にできる色素斑(しみ)の一種です。色素斑の形状が肝臓の形に似ていることからこの名がつけられました。

主に30歳代から40歳代の女性に多くみられ、50歳代後半まで続きます。60歳代を超えてから発生することは少なく、むしろシミが薄くなったり、消えたりすることの方が多い傾向にあります。

比較的、黄色人種の女性に多い症状といわれています。なかなか治らないシミに悩んでいる方、それは肝斑かもしれませんね。

肝斑ってどうしてできて、どうしたら治るのでしょう。そのシミを少しでも治したいなら必見です。

肝斑と一般的なシミとの違いと見分け方

「これって肝斑かしら?それとも普通のシミ?」と迷っている方も多いと思います。

実は肝斑もシミの一種ではありますが、一般的なシミは全く別のもの。

まずは、肝斑とシミとの違いから説明しましょう。

肝斑と一般的なシミは形状が違う

肝斑は輪郭がぼやけていること、肝臓のような形に見えることが特徴のひとつです。普通のシミやそばかすは輪郭がはっきりしていることが多いのですが、肝斑はそうではありません。

肝斑は頬骨のあたりにできやすい

一般的なシミと違い、肝斑にはできやすい部位がはっきりしています。主に目の周りや目の下のクマがあらわれる部分を除いた、頬骨のあたりにできやすいという特徴があります。

肝斑は左右対称にでることが多い

肝斑は左右対称にでやすいという特徴もあるため、ぼやっとした薄いシミが広がることで、顔色が悪いような印象を与えることもあります。普通のシミにはそのような特徴はありません。

ただし、左右対称に出ないこともあり、その場合は専門医でないと判断がつきません。

肝斑は30歳代から40歳代の女性に表れやすい

肝斑の原因は女性ホルモンにも関係しているため、女性ホルモンが活発に働く時期に現れることが圧倒的に多いとわかっています。そして、60歳代になると自然消滅することもあり、そこも一般的なシミと大きく違います。

肝斑ってどうしてできるの?

肝斑はなぜできるのか?
「普通のシミとは違うことはわかったけど、肝斑ってどうしてできるのかしら?」こんな厄介な肝斑はどうしてできるのでしょう。

どうも原因ははっきりしておらず、いろいろな要因がからまりあってできてしまうというのが定説です。
細かくみてみましょう。

女性ホルモンが関係している

肝斑は表われている時期から、女性ホルモンが関係していることは確かです。閉経して女性ホルモンが減るにしたがい、消えていく人が多いことからも立証されます。

妊娠や出産後、ピル(経口避妊薬)の服用

妊娠や出産後、ピルの服用によって女性ホルモンのバランスが乱れた時に、肝斑ができやすいこともわかっています。

肌に刺激(摩擦)を与える

女性はお化粧をしたり、コットンを使うクレンジングやマッサージと、日常のケアで肌を触ることも多いですよね。また、洗顔後にタオルでごしごしと拭くなど、肌への刺激や摩擦は肝斑を悪化させます。

紫外線による日焼け

肝斑もシミの一種ですから、紫外線はNGです。シミのモトのメラニン色素は紫外線による細胞へのダメージを防ぐ自然な反応ではありますが、肝斑を治すためには大敵です。

過大なストレスの影響

ストレスで肝斑ができるというわけではありません。過大なストレスはホルモンバランスを崩すことから、肝斑に影響を与えるということであげておきます。

肝斑を作らないための予防対策とは?


「肝斑ができる原因はわかったけど、じゃ、予防のためにはどうしたらいいのかしら?」

そう、肝斑を作らないための対策はあるのでしょうか。安心して下さい、ちゃんとあるんです。

日焼けを極力避ける

紫外線はお肌へのダメージも大きく、一般的なシミにも肝斑に悪影響を与えます。ですから、当然のごとく日焼けは避けなければなりません。

日傘や帽子などで肌の露出を極力減らし、日焼け止めはこまめに塗り直しましょう。

シミ消しクリームを使う

結論から言えばシミ消しクリームは肝斑の予防対策に有効です。シミ消しクリームは簡単にいえば、シミを作らせず薄くするためのクリームです。

紫外線をシャットダウンしているようでも、なかなか完璧とはいきません。

シミ消しクリームを塗ることで、紫外線による防御反応のメラニン色素を還元するとともに、肌のターンオーバーを促進してメラニンを排出することができるのです。

肝斑になりづらくするためにも、シミ消しクリームを使いましょう。

肌への刺激を少なくする

肌に良かれと思ったマッサージや化粧水をコットンではたきこむ行為。お化粧を落とすために、コットンや化粧落とし用のウエットティッシュでごしごしする。

そういった普段何気なくしていることが、肝斑のためには良くないとわかりました。思い当たることがあれば、すぐにでもやめましょう。

お化粧を落とすなら、洗い流すタイプのクレンジングを使うとか、洗顔後には吸水性の良いタオルで押さえて拭くとか。

使う化粧品の数を厳選するのも効果的です。何種類も塗ればそれだけ肌に刺激を与えます。

前述のシミ消しクリームは保湿力に優れたものも多いですから、乳液や他のクリームとおき替えて使うのも良いでしょう。

女性ホルモンのバランスが崩れないようにする

肝斑はなんといっても、女性ホルモンのバランスが崩れることが、大きな要因です。

妊娠、出産は喜ばしいことですし、ピルの服用も望まない妊娠などから女性の体を守る意味でも必要なことです。

これによってホルモンバランスが崩れることは致し方ないことです。また、女性ホルモンは加齢によっても減っていくものです。
ただ、減っていくものなら、補えばいいんです。

それには若返りホルモンと呼ばれる、アディポネクチン・成長ホルモン・DHEAを増やすことです。これらのホルモンは女性ホルモンの減少の影響を補う性質があるのです。

アディポネクチンは食物繊維が多い穀類や、魚類に含まれる脂(n3系不飽和脂肪酸)に多く含まれます。

魚類にはDHEAもたくさん含まれていますから、バランスよく食べると同時に、そういった食材を心掛けて摂るようにしましょう。

ストレスを過度に溜めない

ストレスは肝斑の直接原因ではありませんが、ホルモンバランスが崩れる要因だと説明しました。

ストレスをため過ぎないようにするにはどうしたら良いかというと、1番にあげられるのは良質の睡眠をとることです。

睡眠をとることで、心身が休まりストレスが解消されるのです。また、ストレスを発散するような行動を自分なりにしてみることも大切です。

趣味やスポーツに没頭することでストレスも軽減されます。

シンデレラタイムに睡眠をとる

よく夜の22時から翌2時がシンデレラタイムと呼ばれ、その時間に睡眠をとるのが美の秘訣と言われますが、この時間に睡眠をとることで、先ほど出てきた成長ホルモンが大量に分泌されることがわかっています。

成長ホルモンの働きで新陳代謝が活発になり美肌にもつながりますし、また女性ホルモンのバランスも保つことにもなるのです。

肝斑の原因と対策まとめ

肝斑についての知識をまとめてみました。

  • 肝斑は普通のシミとは違い、頬骨周辺に左右対称に表れることが多い
  • 原因は女性ホルモンのバランスが崩れることや、日焼け、肌への刺激などさまざま
  • 予防対策には日焼けや摩擦など肌へのダメージを避け、シミ消しクリームを使うと効果的
  • 女性ホルモンのバランスを崩さないよう、ストレスや食生活に気をつけ、良質の睡眠をとる

「肝斑ができるなんて嫌だわ」という方、「まだ若いから大丈夫」という方も、予防のためにもシミ消しクリームだけでも始めてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です