そばかすができる原因とは?そばかすと肝斑の違いとは?治療はできるの?

そばかすの原因

綺麗な肌を保ちたいと思っている人にとってはそばかすは大敵だと思います。

そんなそばかすの発生原因についての情報に加え、そばかすと肝斑の特徴と相違点、そばかすの予防法や改善方法などをまとめて記載していきたいと思いますので、この記事を参考にして頂いてそばかすや肝斑の無い綺麗な美肌対策に取り組んで貰えれば嬉しく思います。

そばかすができる主な原因

そばかすができる主な原因は、子どもの頃からできるそばかすと大人になってからできるそばかすとでは異なる原因があります。

それを踏まえ、そばかすができる主な原因について記載していきます。

遺伝性のそばかす

子どもに見られるそばかすの主な原因は、両親から受け継がれた遺伝による場合があります。

この遺伝性のそばかすができてしまうのは色白の肌質をしている人が多く見られ、そばかす自体が遺伝されるのではなく、そばかすができやすい体質を受け継いだことになります。

また、遺伝が原因のそばかすは思春期にでき始め、思春期の終わり頃になると自然に消えてしまうケースがあるのも特徴の一つです。

日焼けによるそばかす

日焼けしてしまうほどの紫外線を浴びることにより、そばかすができてしまう場合があります。

大量の紫外線を浴びた肌はシミやそばかすの元となるメラニン色素を多く生成してしまい、余分に生成されてしまったメラニン色素の排出が追いつかなくなると肌にそのまま蓄積してしまいます。

その蓄積されたメラニン色素がそばかすとなって肌の表面に浮き上がってきます。これが日焼けが原因でできるそばかすの簡単なメカニズムです。

生活習慣によるそばかす

生活習慣によるそばかすの原因は、大きく分けて3つの要因があります。

1つ目は、スキンケアによって肌に負担をかけてしまうケースです。
肌のために行うスキンケアですが、間違った方法や自分の肌に合わないスキンケア商品を使用することによって肌に逆効果の作用をもたらし、それが原因でそばかすなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

この時のケースでもメラニン色素が関係していて、摩擦や刺激の強い化粧品などで肌に負担を与えるとメラニン色素が成分されてしまいます。

そばかすと肝斑の違い

そばかすや肝斑は同じように見えますし、美容を気にする方には両方とも厄介な物だと思いますが、そばかすと肝斑では発生原因が異なる点がありますので、それぞれの特徴を確認しながら解説したいきたいと思います。

そばかすの解説

そばかすとは、目の周りや頬などにできるシミのようなもので、シミよりは小さく細かい斑点状に現れるものがそばかすです。

そばかすの原因は上記でもお伝えしましたが、両親から受け継いだ遺伝性のそばかすと、紫外線、ストレス、ビタミン不足、間違ったスキンケアなどが原因の大人になってからできるそばかすの大きく分けて2種類があります。

また、そばかすは顔にできてしまうだけではなく、手や足などの体にもできてしまう場合があるのがそばかすの大きな特徴となっています。

肝斑の解説

肝斑はシミの一種なのですが、女性ホルモンのバランスの異常によって引き起こる場合があり、自律神経の乱れ、経口避妊薬の服用、更年期障害などが原因に挙げられます。

肝斑は30代~40代に発症するケースが多く、目の下や口の周りなどに浮き出てくるのですが、その現れ方が左右対称に出てくるのが肝斑の特徴の一つです。

また、肝斑は輪郭がハッキリとしておらず、ぼんやりとしているのも特徴の一つとなっていて、他の吹き出物と見分けるポイントにもなっています。

そばかすと肝斑の相違点

そばかすと肝斑では、そもそも発生する原因に若干の相違点があり、それによって対処法も異なってきます。

また、肝斑は顔にしか出る特徴があり、そばかすは顔だけではないという特徴から分かるように、浮き出てくる範囲にも大きな相違点があります。

さらに、発生時期にもそれぞれの特徴があり、肝斑はできてしまっても60代以降になると自然に薄くなるという特徴がありますし、思春期に発生してしまう遺伝性のそばかすは思春期を過ぎると消える傾向がありますので、これらの発生時期も相違点の一つとなっています。

そばかす対策と改善方法

遺伝性のそばかすでは対策するのは困難ですし、思春期が終われば消えてる傾向がえりますので、今回はそれ以外の理由で発生してしまったそばかすに関する対策法や改善方法を中心にお伝えしたいと思います。

紫外線が皮膚に当たるのを避ける

そばかすができる主な原因である紫外線を浴びることで発症し、さらに悪化してしまう恐れがありますので、そばかすの発症を防ぐ最大の予防法は紫外線対策と言えます。

紫外線が強くなる季節や時間帯などには特に注意していただき、日焼け止め、帽子、日傘、長袖などで紫外線を皮膚に直接当てないように気をつけるのが大切です。

必要な栄養素を摂取する

肌の活性化させる重要な栄養素はビタミン類となっています。

まずはビタミンCですが、ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートして肌にハリを与える作用があり、さらにメラニンの生成を抑制するとともに黒色メラニンを薄くする効果がありますので、そばかす対策に必要な栄養素となっています。

次にビタミンEですが、ビタミンEは肌を攻撃する活性酸素から細胞膜を守る働きがあり、肌細胞の再生をサポートしてくれる成分となっています。

このように、ビタミン類には美容改善に効果が期待できる作用がありますので、そばかすを事前に予防したい人、そばかすができてしまって改善したい人、この双方に役立つ栄養素となっています。

また、ビタミン類以外にも必要な栄養素があり、コラーゲンやL-システインも肌のケアをサポートしてくれる大切な栄養素となっていますので、これらの栄養素を頭に入れつつ日頃の食生活に気をつけて頂きたいと思います。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めすぎてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまいます。
それにより、特に女性ホルモンの中でもプロゲステロンという物質がストレスや疲労が溜まると分泌が増加し、色素細胞を刺激してしまう性質があります。

このプロゲステロンによってそばかすの症状が悪化してしまいますので、日常生活でストレスや疲労をなるべく溜め込まないように心掛けることが大切です。

スキンケア商品を使う

開発技術の進化に伴い、スキンケア商品が数多く販売されています。

それは体の内側から改善させるサプリメントなどの内服タイプと、肌に直接塗るような外用タイプに分けられ、どちらも肌の健康と美容に効果が見込める有効成分が配合されています。

しかし、商品によって配合成分に若干の違いはありますので、自分の肌には何が必要なのかを確かめた上でスキンケア商品を試して頂きたいと思います。

専門施設での治療

そばかすを改善させるには、専門知識がある医者や施術スタッフなどにアドバイスを貰うのも改善の近道だと思います。また、レーザー治療や専門医が処方した医薬品なども大きな改善効果が得られる方法となっています。

しかし、レーザー治療などを受ける場合は大きな出費が考えられますので、まずは自身ができる生活習慣や食生活の改善に取り組んだ方が良いと思います。

そばかすの原因と対策まとめ

そばかすの情報を中心に記事を作成してきましたが、そばかすの予防や改善には日頃からの意識が大切になっていると感じました。

また美容改善だけではなく、健康改善のためにもストレスや疲労を溜めないように心掛け、バランスの取れた食生活をしていくことが大事だと痛感しましたし、皆様も気をつけて頂ければ嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です